ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
Brooks Brothers 1920年カタログより その2
c0214126_21572514.jpg
c0214126_21573658.jpg
c0214126_21574949.jpg
c0214126_21582977.jpg
c0214126_21585063.jpg
c0214126_2159053.jpg
c0214126_21591324.jpg
c0214126_21594234.jpg
c0214126_21595484.jpg
出血大サービスです。(笑)

スリッパ、ブーツ、ボーイズものあったのですが、割愛しました。

・・・サドル・オッスフォードは、「Tennis Oxfords」という名前で呼んでいたんですね。
by yabushun | 2015-05-21 22:25 | SHOES | Comments(4)
Commented by shuzo at 2015-05-29 06:09 x
Yabushunさんこんにちは!
魔女っ子メグ…いやいや違った、素晴らしい資料ですね(๑´ㅂ`๑)コンビの靴の右上、エルクを使ったテニスオックスフォード、このデザイン、長年欲しいんですが未だに…。しかし三枚目に有るようなオックスフォードタイプのドレスブーツは先日20's のものを購入しました!Facebookでは4月の投稿に載っておりますが確認できるでせうか…。“MONDIAL”というメーカーのものみたいです。この時代の古靴はほとんど小さくて現代の日本人の足に合わないような事を聞いたので自分の足にピッタリな物に出会えた幸運に狂喜しております。
Commented by yabushun at 2015-05-29 13:04
1915年のカタログではまだ深靴が多かったですが、1920年になると短靴のラインナップが凄く充実しています。
短靴は1919年ぐらいから(第1次大戦から復員して来た兵士の影響もあり)普及し出し、以降、深靴は糊で固めた高い衿を好む頑固な保守主義者に履かれる以外は消え去っていったとされています。
したがって、1910~20年頃のBBを再現するには深靴が必須ということですね。(笑)

カタログにまだないのが、プレーントウ、ローファー、タッセルです。
サドル・シューズは意外に古くからあったんだと知りました。後から飯野高広さんの文章を読んだりして勉強させて頂きました。
でも、サドル・オックスフォード、サドル・ストラップ・シューズを大人っぽくコーディネートするのって、難しいんですよね。

FBの画像、見ること出来ません。多分「友達」にならないと駄目なんだと思います。(笑)
Commented by Shuzo at 2015-05-30 05:50 x
なるほど、お名前はあっても色々制限ある設定なんですね(´Д`;)ただyabushunさんのほうが色々レアな靴をお持ちな気もするのであまり参考になる画像では無いかもです。そのブーツの少し前にこれまた20's ~30's のオックスフォードシューズ(短靴)を買ったんですがサイズ的にちょっと小さめ+皮が弱っていたのか踵が少し裂けてしまいまして修理待ちになっております。
Commented by yabushun at 2015-05-30 22:45
20〜30年代の靴ですか。あること自体が凄いですね。私はP.125の28K34 Jedditeソールの靴が欲しいですね。Jeddite Solesで検索かけると、何故か私のブログの画像を引用した海外サイトがヒットします。(苦笑)
<< 恋の呪文はスキトキメキトキス Brooks Brothers... >>