ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
シャーロック・ホームズの冒険
今年(2017年)は、シャーロック・ホームズ生誕130周年目の年らしいです。

ホームズ小説の第1作「緋色の研究」が発表されたのが、1887年だったのです。
c0214126_17541981.jpg
「緋色の研究(A Study in Scarlet)」が掲載された
ビートンのクリスマス年鑑(Beeton's Christmas Annual)



生誕130周年を記念して、AXNミステリー・チャンネルでは、シャーロック・ホームズ映像化作品の特集が組まれています。

その決定版と言える名作TVシリーズ「シャーロック・ホームズの冒険」の全話放送も始まっております。

この英国グラナダTVで製作さた「シャーロック・ホームズの冒険」は、原作を忠実に映像化したTVシリーズとして、数あるホームズ作品の中でも最も人気が高く、シャーロキアンたちからも支持されています。

何よりも、シャーロック・ホームズ役のジェレミー・ブレットが、キレキレと言うか、素晴らしいんですよ。
c0214126_8574634.jpg
ベーカー街221Bの住居表示を見るだけで興奮しますよね。(笑)



物語の背景となっている19世紀ヴィクトリア朝の時代考証、これも見どころの一つであります。

先ずは、ジェレミー・ブレット演じるシャーロック・ホームズの、蝶ネクタイに注目して下さい。

初めてこのTVシリーズを観た時、おおっ!と思ったのが、このシャツの衿の内側に蝶ネクタイの端を挟む着こなし方であります。(笑)

調べると、こういう蝶ネクタイの着こなし方は、歴史的にかなり多くの方がされていたことが判りました。
c0214126_17191452.jpg
左・ジョン・H・ワトスン(デビッド・バーク)と
右・シャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)



あと、ホームズ達が穿いているズボンも、ちゃんとクリースが無いんですよね。

19世紀中頃まではズボンに折り目というものは無く、今日的な意味でのフロント・クリースが見られるようになったのは、1890年に至ってのことというのが歴史的事実なのです。

にもかかわらず、同時代を扱った日本の映画やTVドラマを観ていると、必ずクリースがビシ〜っと入っていて、結構シラけてしまいます。(苦笑)

ちなみに、ホームズがルームシェアの相手としてワトソンと初めて出会う(「緋色の研究」)のは1881年、犯罪組織の頭目であるジェームズ・モリアーティ教授との対決(「最後の事件」)でライヘンバッハの滝に落ちるのが1891年の設定でした。念のため。
by yabushun | 2017-01-19 17:35 | CINEMA&DRAMA | Comments(2)