ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Grundig
c0214126_23411531.jpg
グルンディッヒの8.5インチ(22cm)フルレンジを入手。

ドイツ製のスピーカーで、多分、1950年代に生産された個体だと思います。

元々はラジオに組み込まれていたものなのですが、近年、オーディオ・マニアの方々により再発見されて、ごく狭い世界でですが(笑)、何かと話題に上るユニットで、気になっておりました。

入手したグルンディッヒは、三つ葉型フェノリック・ダンパー、Magnetfabrik Bonn 社製NT3アルニコマグネット、DCR は5.1Ωという仕様。
c0214126_185655.jpg
三つ葉型フェノリック・ダンパー


この時代、Siemens 以外のドイツのほとんどのスピーカー会社は、マグネットを外部製造会社から買っていましたので、他社のスピーカーでも、同じBonn 社製マグネットを使ったものがあったりします。

本当は、NT4という、もっと大きなマグネットを背負ったユニットが欲しかったのですが、そう簡単に入手も出来ないし、いつか巡り会える時が来るのを期待して、今回はこれでドイツ古典フルレンジを初体験することに。

同時代の、Siemens やTelefunken とは、また違うテイストの音と言われているのですが、軽量コーン、フィックスド・エッジと相俟って、出てくる音は軽やかで、スピード感もあり、切れがあり、おおっ、これがドイツ古典フルレンジの音なのか!と、素人ながら納得。

ただ、簡単にはマトモに鳴ってくれなかったので、あれやこれやの工夫はしました。

こういう時の私の、集中力、行動力は、自分で言うのも何ですが、鬼気迫るものがあります。(笑)

取りあえず、当初からの計画通り、サンスイSP-50スピーカーのエンクロージャーを流用し、最初は後面開放で鳴らし始めましたが、中高域のピーキーさが目立ち、泣きそうになりました。(笑)

また、再生周波数帯域を広げる為、コーン紙が深く絞りのあるものが採用されているようなのですが、この深絞りコーンの奥まった位置から発せられる高音が、ビーム攻撃して来る感じで、ううっ!となりました。(笑)

この筒臭さを緩和する為、フェーズプラグを販売しているオーディオ・ショップもあるようです。

上手く鳴らすには、それなりにスキルが必要なようですね。

いずれにしましても、60年以上昔の小さなスピーカーですが、未だに使用に耐える素材、構造、緻密な製造技術、そして音楽再生能力に、ちょっと感動致しました。



グルンディッヒは、本来、クラシック音楽に向いていて、特に弦の再生が良いらしいのですが、女性ヴォーカルの良さも、なかなかのものです。
c0214126_3403046.jpg
そう言う訳で、私がオーディオ装置のチェックの時に必ずかける、リー・ワイリー。

1951年録音の超名盤です。


Lee Wiley「Manhattan」


オクラホマ出身のリー・ワイリーは、スウィング時代の1930年代からに活躍していた、白人女性ジャズ・シンガー。 

白人と申しましても、チェロキー・インディアンの血が流れている方です。

憂いを帯びた声、押さえた歌唱法、巧みなアドリブ。

う〜ん、分別盛りのオヤジも、イチコロですわ。

不遜な言い方になりますが、自分が旦那で、芸妓とお座敷遊びしているような、錯覚が出来ます。(笑)
by yabushun | 2014-09-30 04:17 | AUDIO | Comments(0)
1890年のシルク・フーラード・ネクタイ
「安産のため犬印〜犬印妊婦帯〜♪ ワン!」

私が小学生の頃、良く口ずさんでいた、CMソングです。

ここ迄で、推理力のある方なら、もうわかったかも知れませんね。

そう、今回の、隠されたテーマは、「犬」です。(笑)
c0214126_15385912.jpg
ブルックスブラザーズ 125周年パンフレット
「ONE HUNDRED TWENTY-FIVE YEARS 」(1943年)より
c0214126_1539961.jpg
フランシス・G・ロイド


最古参の従業員6人とパートナーシップを結んでいたブルックスブラザーズが、1903年、法人組織となり、初代社長に迎え入れたのが彼でした。

社長就任の40年前の1863年、徴兵暴動があった時、夜を徹して略奪者からグランド・ストリートの店(1857〜1870年)を守った、少年従業員でありました。



1890年、当時、ブルックスブラザーズの上級パートナーであったロイドが、イギリスからアメリカに持ち帰ったタイが、「シルク・フーラード.ネクタイ(Silk Foulard Necktie)」として売り出され、大好評を博します。

その後、ブルックスブラザーズは、自社でタイの製造・販売を開始することになるわけですが、現在店頭に並ぶものの中に、ロイドが100年以上前に持ち帰った時の柄も、含まれているといわれています。

それは果たして、どの柄なのか?

これ、非常に気になる問題なんですよね。(笑)
c0214126_162754100.jpg
ロイドが1890年に持ち帰ったネクタイの解説で、「GENERATIONS of STYLE」に出てくるのが、以前ここでもアップしたことのある、上の写真なんですが・・・

ストライプ柄のものが、リバースになっていますので、ロイドが持ち帰ったタイそのものの写真ではない筈です。

しかし、そこそこ古い時代の資料からであることは、確かだとは思います。
c0214126_15404320.jpg
上の画像を部分拡大したものですが、アニマル柄のものに注目を!

そう、犬です。(笑)
c0214126_1541351.jpg
1911年のカタログより


これも、犬ですね。(笑)
c0214126_15483913.jpg
1935年のカタログより
c0214126_1549468.jpg
抜歯された歯のようにも見えますが、そんな柄、あるワケありません。

犬です。(笑)
c0214126_15493047.jpg
1948年のカタログより
c0214126_15495296.jpg
1948年のカタログより


ここにも、犬がおります。(笑)

犬種は、ドイツ原産のシュナウザーぽくもありますが、多分、エアデールやウェルシュといった、テリア系だと思います。

そう言えば、このワンコ、昔からトラッド系のタイの柄で、良く登場していた気がします。

ブルックスブラザーズでは、サスペンダー柄にも使われていたことがありますが、最近は見ませんね。

ロイドが1890年に持ち帰った時にあったかも知れない、そうでなくとも、間違いなく伝統的なパターンなので、個人的には、是非復活させて頂きたいと思っております。
c0214126_2327538.jpg
最後に、オマケで、私のコレクション(笑)から。

これは、犬が好きな美人(いる筈です)に会う時、さり気なく、これ見よがしに(どっちやねん)付けようと思っている、SWANK製カフ・リンクス。

ちなみに、まだ、出番がありません。(笑)
by yabushun | 2014-09-19 18:37 | CLOTHING | Comments(0)
Mick Taylor

Mick Taylor「S. W. 5」1979年


発売と同時に購入した思い出のある、ミック・テイラーの初ソロ・アルバムより。
c0214126_10182398.jpg
当然、ご存知だと思いますが、ローリング・ストーンズの元ギタリストです。
c0214126_1023222.jpg
この違和感!まさに「掃き溜めに鶴」でありました。(笑)


もっと評価されても良いギタリストだと思うんですが・・・。

エリック・クラプトンと比較されることも多いらしいですが、成る程、なよっとしている所は共通してますね。

ただ、私はクラプトンの方は、嫌いです。

クラプトンのファンの方がいて、私が言ったことで気を悪くさせちゃったなら、御免なさい。
by yabushun | 2014-09-15 20:10 | MUSIC | Comments(0)
1939年のカタログより
ブルックスブラザーズ 1939年4月〜5月 カタログより

(クリックすると大きな画像が見れます)
c0214126_8405389.jpg
c0214126_841360.jpg
c0214126_8293292.jpg
c0214126_8411838.jpg
どうっすか?(笑)

紐靴は、大方が外鳩目で、平紐が使われていますが、どれも美しいですね。

全モデルにスタイル・ナンバーが記されていていますが、カタログでは、スーツ生地の各パターンにもナンバーが付いておりました。

品番で注文する客がいたという伝説は、やはり事実だったのかな?



「ロシア・カーフスキン」が、普通にラインアップされてたのも驚きです。

「ロシアン・カーフ」「ロシアン・レインディア(トナカイの意)」とは、トナカイの皮を鞣して作られる革で、今日鞣されているものではありません。

18世紀末期にロシアで作られ、イタリアに運ぶ途中で船が英国沖に沈没し、その後長い間海中に眠っていたものを引き揚げた革のことです。

文字通り、その革なんでしょうかね?



「モロッコ・レザー」「モロッコ革」は知ってますが、「ヴァイキング・カーフスキン」なんてのもあったんですね。

そう言えば、ヴァイキングって、革鎧着てましたもんね。(笑)



もっと古い時代のカタログには、オットセイのキンタマの革なんてのも、あったりするのかな?(笑)
by yabushun | 2014-09-12 09:40 | SHOES | Comments(0)
再び 阪急メンズ館ナイト
「FASHION EXHIBITION SPECIAL NIGHT」が正式名らしいのですが、昨晩、行って参りました。

と言っても、私がず〜っと居たのは、ブルックスブラザーズのみ。

お店の販売員の皆さん、本部からいらっしゃったIさん、長時間おしゃべり親爺の相手をして頂き、誠に有り難うございました。

お陰で楽しい夜を過ごすことができました。
c0214126_5123467.jpg
単に喋り倒して帰って行った、では、これ、お店に対する嫌がらせになりますので(笑)、ちゃんと予約注文はして来ました。

今シーズン、少量入荷予定のオーバーコートです。

色はグレーみたいに写っていますが、実物はローデン・グリーンのような感じで、取り外し可能なフードが付いています。

私がこれを選んだの、店長のYさん、意外だったのかな?

でも、似合っていたでしょ?(笑)



似たようなデザインのものが過去にあったか、家に帰ってから、ちょっと調べてみました。
c0214126_5133660.jpg
ブルックスブラザーズ 1961年 秋カタログ より
c0214126_5134885.jpg
c0214126_514073.jpg

UNIVERSITY SHOP モデルのこれが、一番似た感じですかね。

やはり、ローデン・シューティング・コートが、デザインのベースになっているんでしょうね。
by yabushun | 2014-09-06 06:13 | OVERCOATS | Comments(0)
Tie Rack
皆さんは、ネクタイの収納、どうされていますか?
c0214126_63747.jpg
(クリックすると大きな画像が見れます)

これは、かつて Brooks Brothers で販売されていたタイ・ラックで、真ん中の二つは、真鍮の釘みたいなものが36本打たれたもの。

同じデザインで、真鍮の部分が木製になっているタイプのものもありました。

下の、ちょっと変わった作りの方は、木製の釘が24本付いていて、クルクル回転します。

クルクル回して、ロシアンルーレットみたいな感覚で、その日のネクタイを決定するのは如何でしょうか?

今日はコレ?絶対無理!っていう感じで。(笑)
c0214126_919568.jpg


c0214126_623095.jpg
こちらは、Woodlore 製のハンガー・タイプのもので、片側20本、計40本の真鍮製の釘が付いています。

現在、私はこちらの方を主に使っています。

上の Brooks Brothers 製のラックように、壁などに固定する必要はないのですが、本数かさむと、場所は結構取られますね。
by yabushun | 2014-09-05 06:58 | CLOTHING | Comments(0)
Brooks Brothers 1980年代のカタログ
1980年代も、1988年クリスマス号(画像下から4段目左)までは、Tran J. Mawicke によるイラストが表紙を飾りました。

大方は揃っていると思うのですが、ここでアップしている中にも幾つかあるように、同シーズン号でもイラスト違いの表紙が結構ありまして、未だに「こんなのあったんだな」的発見が。

何冊かは、亡くなられたブルックスブラザーズの販売員の方のものだったカタログで、表紙にその方の、ネーム・サインなんかがあったりします。(笑)
c0214126_646535.jpg
c0214126_647498.jpg
c0214126_6471352.jpg
c0214126_6472317.jpg
c0214126_6473462.jpg
c0214126_6472372.jpg
c0214126_6474510.jpg
c0214126_6473574.jpg
c0214126_6491630.jpg
c0214126_6492551.jpg
c0214126_6493513.jpg
c0214126_6494598.jpg
c0214126_650205.jpg
c0214126_6503312.jpg
c0214126_6504827.jpg
c0214126_65213.jpg
c0214126_6515038.jpg
c0214126_6513815.jpg
c0214126_651287.jpg
c0214126_6513940.jpg
c0214126_6515245.jpg
c0214126_6524100.jpg
c0214126_6521744.jpg

by yabushun | 2014-09-04 06:55 | CLOTHING | Comments(0)
再び ブルックスブラザーズ 1970年代のカタログ
ここ最近、持っていなかった1970年代のブルックスブラザーズのカタログを幾つか入手しまして、整理作業を行ったところ、かなり揃っていたことが判明しました。

そう言う訳で、以前にもアップしたことのある1970年代のカタログ表紙ですが、再びアップ致します。

イラストは全て、Tran J. Mawicke(1911-1988)によるもの。

上から年代順で、最上段が1970年、最下段が1979年です。

横列は左より、春夏、秋、Xmas号となります。
c0214126_19294229.jpg
c0214126_19295955.jpg
c0214126_19301832.jpg
c0214126_1930863.jpg
c0214126_19303254.jpg
c0214126_19304575.jpg
c0214126_19305552.jpg
c0214126_1931949.jpg
c0214126_19313185.jpg
c0214126_19314062.jpg

素敵なイラストが沢山あり、もっと大きな画像をアップしたかったのですが、それはまた別の機会のお楽しみということで、ご容赦下さい。
by yabushun | 2014-09-03 03:29 | CLOTHING | Comments(0)
自作ネットワーク
昔々、とあるVespa専門店を訪れた際(かつて私は、Vespaにも凝っていた)、店の軒先で、水冷エンジンが組まれたVespaを発見した時のことです。

パッと見は、スクラップにしか見えないような、かわいそうな状態で置かれていたのですが、巨大なチャンバー・マフラー、風防に取り付けられたラジエーター、ニーホールドの為のダミータンク、補強ボディー・バー等々、あらゆる所に手が加えられたバリバリのレーサー仕様だったのです。

こういう逸脱したものを見ると、どうしても興奮してしまう私が、好奇心ギンギン状態で質問すると、店主は、

「何度やっても水漏れするんだ。もう二度と手を染めないよう、戒めに置いてるの。」

と、茶目っ気タップリに答えてくれたのでした。(笑)

私は学びました。

追求するものがある時、家族には、「もう二度としません」という擬死ポーズを見せる必要もあることを。(笑)



話はここから本題です。

私が住んでる家の居間には、オーディオ装置があるのですが、スピーカーの後ろは、いくつもの電源用変圧トランスや、励磁電源など、色々なものが散在しています。

また、何の為に、いつ作ったのかも忘れた(笑)、スピーカー用ネットワークなんかも転がっていたりして、まるで悪の巣窟のようで(笑)、自分でも余り立ち入らないようにしています。

しかし、先日、カラスが二羽、電線で感電死して、近隣一帯が停電になった時がありまして、装置チェックの為、久々にスピーカーの後ろに行くことに。
c0214126_17585236.jpg
まず、こんなもんが出て来ました。(笑)

以前、ALTEC A5と、それをダブル・ウーファー化した装置で聴いていた時があるのですが、その時に自作したスピーカー・ネットワークです。

基本的にはALTEC の純正ネットワークのままで、回路もオリジナルの、クロス500Hz、12dB/oct を踏襲、コイル部のみ交換したものです。

色々やってみましたが、やはりウーファーのインピーダンス補正は外さない方が宜しかったです。

ちなみに、ALTEC のネットワークはJBLのそれとは違い、理論通りの数値で作られています。

高域ホーン部には、鉄芯コイルを使うのは抵抗があり、デカい銅箔空芯を使いました。

鉄芯じゃないと本当の音は出ないという意見もありますが、それはレベル的に高次元な別の世界での話です。

低域は、さすがに、えげつない長さになる空芯コイルを使うのは、心理的直流抵抗もあり(笑)、カットコア・コイルを使いました。

「純正のネットワークに手を加えるなんて邪道だ」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、高感度なスピーカーだと反応も素直で、音の変化の傾向を的確に把握出来て、とても良い体験になりましたよ。
c0214126_18155916.jpg
コンデンサーを交換する為、大量のSprague製オイルコンを入手した所で、作業が中断した痕跡も。

多分、見た目が発電所みたいなネットワーク、作りたかったんでしょうね。(笑)
c0214126_1862557.jpg
これは、上の自作ネットワークを組む前の、ALTEC の純正ネットワークを時間かけてバラして、取りあえず組んだ時の画像です。

この時、L、C、Rの数値も測定しました。

右側の大きなトランスは、ダブル・ウーファー用に入れていたALTEC のマッチング・トランス15067で、つまり左側2個のショボいのが、元々の鉄心コイル。



ところで、ALTEC のフロントロードホーン・エンクロージャーの魅力に関してですが、まずその一つは、低域と高域の位相合わせが容易に出来ることではないでしょうか。

専用の高域用ホーン・スタンドには、ホーン別にステーの取付穴も指定されていて、それこそ誰でも簡単に、一定水準の音で鳴らすことが出来るように設計されていました。

ただ、あくまで劇場用なので、そのまま部屋に入れても、なかなか上手く鳴ってくれないこともあり、例えばマルチセルラ・ホーンを使っているにもかかわらず、2mの至近距離で聴いていて(笑)、駄目だこりゃとか言っているのは、丸出だめ夫でしょう?
c0214126_813390.jpg
ALTEC 1505B マルチセルラ・ホーン


また、純正ネットワークは最大4dBアッテネートしか出来ず、強力な288ドライバーとは、ハイ上がりなバランスでしかつながりません。

某W.S.I.のDさんは、515Bウーファー1発の場合、ドライバー側で−5〜6dB、2発の場合、−7〜8dB、と仰っていましたが、私の場合、2発で−8.5dBでしたね。

勿論、鼻毛が塞がって息が出来ない程の音圧の音量で聴く場合は、話が別なんですが。

そんな風に部屋で聴いている人、おらんだ左近事件帖でしょ?(ちょっと難解かな?笑)

私自身、まず、外付けのトランス式アッテネーターを使用すること前提に、純正ネットワークをバラしたんだと思います。



現在もALTEC 828エンクロージャーを、Magnavoxの励磁型入れて使っているのですが、実は、828用のウイング・バッフルも所有していて、スピーカーの後ろに隠してるんですよ。(笑)

いつ付けるか、タイミング見計らっているのですが・・・

部屋だけでなく、家族関係も暗くなる可能性がありますもんでね。(笑)

by yabushun | 2014-09-02 06:44 | AUDIO | Comments(0)
Milton Nascimento

Milton Nascimento「Tudo Que Voce Podia Ser」


1972年にリリースされた「Club da Esquina(クルビ・ダ・エスキーナ )」、訳すと「街角クラブ」より。


う〜ん、懐かしい曲だ。

若い頃(1980年代前半)、「Música Popular Brasileira」略して「MPB (エミ・ペー・ベー)」、つまり「ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック」のレコードを熱心に買って聴いていた時期があるのですが、そのキッカケになったのは、カエターノ・ヴェローゾと、この、ミルトン・ナシメントでありました。

エリス・レジーナは、私には都会的過ぎると言うか(笑)、何故か苦手でした。


ミルトン・ナシメントの名が世界的に知られる契機となったのは、1974年、ウェイン・ショーターの「Native Dancer」にゲスト参加したことだった思うのですが、私自身、初めて彼のアルバムを手にしたのは、輸入レコード店のジャズ・コーナーででした。
c0214126_621195.jpg
哀愁を誘う幻想的な歌声と旋律。

独特の浮遊感。

雄大でありながら繊細でもあり、そして、何処か土の臭いもする音楽です。

ちなみに、この曲の歌詞は、ほろ苦いっす。


秀逸なアルバム・ジャケット。

右側の少年が、若い頃の私に似てます。(笑)
by yabushun | 2014-09-01 05:58 | MUSIC | Comments(0)