ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Fabrizio De Andrè
c0214126_94178.jpg
ファブリツィオ・デ・アンドレは、1940年ジェノヴァに生まれ、1999年に逝去したカンタウトゥーレ(シンガー・ソングライター)です。

デビューは1958年のシングル「Nuvole barocche」、最初のアルバムは「Fabrizio De Andre」(67年)。

1975年にサルデーニャ島に移住し、以降、地中海音楽へ取り組み始め、1979年にはPFM(Premiata Forneria Marconi)が彼を説得して、伝説的となったコンサート・ツアーが行われます。

そして1984年、元PFMのヴァイオリン奏者マウロ・パガーニ(Mauro Pagani )の全面的な協力のもと、この大傑作アルバム「地中海への道程(Creuza de ma)」が発表されます。

       Fabrizio De Andrè 「Creuza de ma」

この映像は亡くなる前年の1998年、ローマでのライヴのようです。

ケレン味など全くなく、語りかけるように歌う独特な渋いスタイルは、聴く者の心にジワジワと染み込んでいきます。
by yabushun | 2011-11-26 09:13 | MUSIC | Comments(0)
Joni Mitchell
            Joni Mitchell「Car on a Hill」1974年


アルバム「Court and Spark」より 。

寒くなり出したら、何故か必ず聴き出します。

空気密度が高まり、キャブのセッティングが出やすくなる季節になると、と申しましょうか・・・(笑)

ええ曲やなぁ・・・。
by yabushun | 2011-11-23 12:23 | MUSIC | Comments(0)
ツイード・ジャケット その2
c0214126_16292818.jpg
    ツイードJKT TWEEDMATH(John G Hardy)
    BDシャツ Brooks Brothers
    ウール・タイ Norfolk Navy(Robert Keyte)
    ポケットスクエア Brooks Brothers
    キャバルリーツイルTRS TWEEDMATH(Moon)
    靴 Brooks Brothers(Alden)
c0214126_16294120.jpg
John G Hardyのツイードは、目付け600g。

昔のものより糸が柔らかくなっているので、大分着やすくなっているようですが、羽織らないで手で持つと、やはり重いです。(笑)

Harrisツイードとは、大分趣が異なります。渋いっすね。
c0214126_16295581.jpg
ウール・タイのみをBrooks Brothersに。
ポケットチーフを替えれば、これもアリですね。

チーフはやめて、デンツのコーク色の手袋も合うかな?
c0214126_1630884.jpg
トラウザーズは、Abraham Moonのキャバルリーツイルで、目付けは610g。

あたかも、トラウザーズ自身が直立しているようにも見えて来る、ゴツい素材です。

ジャケットに負けないように合わせると、如何してもこうなっちゃいます。

穿いてる下着のトランクス、破れるかも知れません。
そう考えると、何だかワクワクして来ますねぇ〜。(笑)

昔、「私、脱いでも凄いんです」というCMがありましたが、「僕、脱いだら、凄いコトになっているんです」っていう感じですか。

靴は、敢えてブローグ付きにせず、コードバンのプレーントゥにしてみました。
by yabushun | 2011-11-22 17:07 | CLOTHING | Comments(2)
Brides of Funkenstein
   
Brides of Funkenstein 「Never Buy Texas From A Cowboy」1976年


もし私の葬式をしてくれるのなら、式で必ず流して欲しいと言っている大好きな曲の一つ。

遺言は「スローなブギにしてくれ」でなく「メローなファンクにしてくれ」だったと。(笑)

ジョージ・クリントンお得意の15分もので、反復の美学を理解する絶好の曲であり、時間=グルーヴを共有出来れば、最後にはカタルシスを得ることが出来ます。そういう仕掛けがなされています。

聴けば聴くほどこの曲がゴスペルのように思えて来るのは、P-FUNKがニグロ・スピリチュアルの陰画のようなものだからでしょう。
by yabushun | 2011-11-18 19:35 | MUSIC | Comments(0)
パッキアオVSマルケス 第3戦
11月12日(日本時間13日)、ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチは、6階級制覇の王者マニー・パッキアオ(比)がマジョリティー・デシジョンで勝利。

しかし、WBA(スーパー)& WBO世界ライト級王者・3階級制覇の挑戦者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)を支持する人が多く、勝者コール後、会場がブーイングで騒然となる。

そりゃ当然やで。(笑)

WOWOWの実況・高柳アナや解説・ジョー小泉はブーイングに全然触れない。

どないなっとるんや?

過去パッキアオの1勝1分ながら、第1戦、第2戦とも判定が議論を呼んだカードでして、何の値打ちもない私の採点では、第1戦はダウンを喫したラウンド以外ほぼ全てを支配したマルケスの明確な勝利で、第2戦はドロー。

試合内容はどちらも、プロの意地と意地がぶつかり合う、魂を揺さぶられるような熱い闘いでした。

そして、フェザー級、Sフェザー級に続く3度目の対決は、ウェルター級の144ポンド(65.32キロ)契約。

本来は下の階級であるマルケス圧倒的不利の予想が多数を占めていましたが・・・
c0214126_114096.jpg
終了ゴングにパッキアオは首を振り、マルケスは両手を挙げる。

しかし、アナウンスされたオフィシャルスコアは、114-114、115-113、116-112と、2-0でパッキアオの防衛。

どちらに振り分ければ良いか難しい競ったラウンドが多かったですが、何の値打ちもない私の採点は、116-112でマルケス。

ちなみに、放映したHBOの採点も116-112でマルケスの勝ちでした。

マルケスの読み、技術、気迫は、申し分のない出来でした。

にも拘らず、「ボクシング界はまだパッキアオを必要としている」としか言いようがない、気の毒な判定になった気がしますね。
by yabushun | 2011-11-18 01:30 | BOXING | Comments(0)
ガーメント・バッグ
ある本を読んでいたら、こう書いてありました。

「スーツ・ケースにはスーツを入れない。これがトラベル・パッキング術の極意」

むむっ、そうだったのか。知らんかった・・・

じゃぁ〜スーツ類は何に入れるのかと言えば、「ガーメント・バッグ」と書いてありました。

成る程。「ガーメント(Garment)」は「衣類」という意味ですからね。そのものズバリなわけですね。

仕事上の旅、出張などには必需品と言えるガーメント・バッグ。
私は持っていなかったのでした。

今まで必要なかったんですよ。(笑)

そんなわけで、今回必要に迫られていろいろ調べたついでに、ブルックスブラザーズのガーメント・バッグを、過去のカタログから幾つか拾い出してみました。
c0214126_3273987.jpg
1977年のカタログより。一番奥のものがガーメント・バッグ。

シンプルな作りながら、肩からひょいとぶら下げて歩いたら様になる気がします。

それにしてもゴールデン・フリース柄の商品群、渋いと言うか派手と言うか、良いですねぇ〜。(笑)
c0214126_328713.jpg
1980年のカタログより。左側の方です。

厚みがあるので2着分は楽に入るタイプのようです。
c0214126_3283264.jpg
1986年のカタログより。

ちょっと安っぽいなぁ〜と思ったのでしたが、当時の価格で¥43,000でした。ひょえ〜。(笑)
c0214126_3285089.jpg
1990〜1991年のカタログより。
c0214126_3291943.jpg
広げるとこんな感じ。

1993年で¥99,000ですから、ええお値段だったんですね。
c0214126_3294938.jpg
1991年のカタログより。奥から二番目。

ツイードのジャケット着た時に似合いそうですね。

うん〜、でもこれだったら、自分は他のメーカーのもの買うかな?(笑)
by yabushun | 2011-11-17 22:45 | LUGGAGE | Comments(0)
訃報
c0214126_20293735.jpg
突然の訃報が届きました。

東京在住時、大変可愛がっていただいた、イタリア小型車クラブの会長Yさんが逝去されました。

旧車整備の基本を、それこそ工具の持ち方から教えていただき、また車仲間として、共に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

無茶苦茶な凝り性で、本当にお洒落な方でして、「楽しむ」ということを徹底的に教わった気がします。

週末はY会長にさよならを言いに、東京に行って来ます。
c0214126_2015575.jpg
   在りし日の会長Yさん(左)と事務局Yさん(右)。
   車は事務局Yさんの FIAT 508C ALA D'ORO 1939年式。
by yabushun | 2011-11-10 20:46 | CAR | Comments(0)
"Smokin' " Joe Frazier
c0214126_3472072.jpg
70年代ヘビー級の主役の一人だった"スモーキン"ジョー・フレージャーが11月7日、肝臓がんのため死去。67歳でした。

64年東京五輪で金メダルを獲得し、プロに転向。

70年にヘビー級の世界統一王座に就き、71年にはモハメド・アリとの無敗同士対決を判定で制し、王座を防衛。

この試合は伝説の名勝負で、フレージャーは最終15R、得意の左フックでアリからダウンを奪っての勝利でした。

一発のパンチを俎上に載せれば、昔から最も評価の高かったのが、フレージャーの左フックでした。

私のボクシング観戦歴は、そのジョー・フレージャーのファイトから始まりました。
by yabushun | 2011-11-09 03:58 | BOXING | Comments(2)
安来鋼
「安来鋼(やすきはがね)」という言葉はご存知でしょうか?

日本刀がつくられる「和鋼(わこう)」の原料からつくられる、日立金属により開発された精錬技術による鋼を「安来鋼」と言います。

高級な和刃物には「安来鋼」が使われています。

「安来綱」は、出雲特産の砂鉄から鉄を得る伝統的な和鋼造りの技術を持っていた雲伯鉄鋼合資会社を、昭和31年に日立金属株式会社が吸収して今日に至ります。

日本全国の鍛冶が使う「安来鋼」とは、日立金属の安来工場(島根県)で生産された鋼のことなのです。



日立金属では、出来た製品に「青紙」「白紙」「黄紙」という名称をつけていて、それぞれ炭素の量に応じて、一号~三号までの種類に分けています。

これらは「安来鋼」という刃物鋼のブランドで、戦前からつくられている日立金属の「〜紙」シリーズです。

名の由来は、販売する際の目印として、色付きの紙札を貼ったことから来ています。



「黄紙」が基本で、そこから硫黄とリンの不純物を取り除いた物が「安来鋼白紙二号」。そこからさらに炭素量を増加したものが「安来鋼白紙一号」です。

ちなみに、「安来鋼白紙一号」という鋼材自体は珍しくないのですが、この鋼材が持つ本当の価値を出せる包丁職人は、例えば堺でも数人しかいないらしく、それ故に「安来鋼白紙一号」の包丁は非常に稀少価値となっていて、「縁」がなければなかなか出会えない代物らしいです。



「安来鋼白紙二号」にタングステンやクロムを添加したものが「安来鋼青紙(青鋼)二号」です。

タングステンとクロムを混ぜることにより、切れ味が上がり、耐磨耗性、すなわち切れ味が長く保たれるようになります。

さらに炭素量を増加したものが「安来鋼青紙一号」になります。

「青紙」「白紙」は、共に良質の刃物に使われます。



「青紙」の方は耐摩耗性が高いのですが、その分研ぎにくく、「白紙」の方が研ぎやすく良く切れたりしますので、私らのような素人が使うことを前提とした場合、包丁屋さんがすすめてくれるのは「白紙」の方です。



ところで、和包丁はサビるから何とか言う人がいますが、使った後は熱湯をかけて拭いとけばOKです。

サビる包丁の方が良く切れるのです。

ヤクザが指ちぎる時、絶対にステンレス製の洋包丁は使わない筈です。
c0214126_419086.jpg
   横尾忠則「切断された小指に捧げるバラード」1966年
by yabushun | 2011-11-05 03:33 | TOOLS | Comments(2)
コーデュロイ・スーツ
c0214126_17422433.jpg
    コーデュロイ・スーツ TWEEDMATH(Scabal)
    ウエストコート Brooks Brothers
    BDシャツ Brooks Brothers
    シルク・タイ Brooks Brothers
    ポケットスクエア Brooks Brothers
    靴 Alden
c0214126_17433871.jpg

TWEEDMATHのスーツは、コーデュロイ地を逆目に使用していているので、落ち着いた感じになっています。

ちなみに、このScabalのコーデュロイの目付けは500gありまして、ピチピチのサイズで作ると、「やぁ○○君」と手を挙げて挨拶出来なくなります。

色は紺に見えますが「グレーです」と念を押されました。(笑)

コーディネートは適当なので、参考にしないで下さいね。(笑)

ネクタイは、ウールのタータン・チェックやエンシェント・マダーが似合いますね。

インナーにフェアアイル柄のニットを持って来るのも、定番的着こなしだと思います。
by yabushun | 2011-11-01 17:50 | CLOTHING | Comments(7)