ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Syl Johnson
  
   Syl Johnson「Any Way The Wind Blows」1972年


ブルックスブラザーズ神戸三田アウトレット店のFさん、私のブログ、音楽やボクシングの記事を飛ばして読んで戴いているとのこと。

ありがとうございます。(笑)
by yabushun | 2011-09-30 00:17 | MUSIC | Comments(0)
Brooks English その3
c0214126_163023.jpg
      Brooks Brothers 1958年のカタログより
c0214126_1631186.jpg
    Brooks Brothers 品番952 Crockett & Jones製?
c0214126_1632426.jpg
c0214126_16194443.jpg
ブローキングはこんな感じ。

Edward Green製Peal&Co.もそうですが、Brooks Englishは総じて、ブローキングの穴が小さいです。
c0214126_1634069.jpg
ラスト名はSURREY。Brooks Brothers独自のラストの一つ。
c0214126_1635537.jpg
c0214126_164770.jpg
        左 Brooks Brothers
        中 J.M.Weston
        右 Brooks Brothers(Alden)

黒の内羽根フルブローグを並べてみました。

WestonがCウィズなので、余り参考になりませんね。(苦笑)

品番902のパンチド・キャップトウほどではありませんが、この中では、Brooks Brothersの品番952が一番ヒールが小さいです。
by yabushun | 2011-09-30 00:16 | SHOES | Comments(25)
Brooks English その2
c0214126_1715493.jpg
      Brooks Brothers 1977年のカタログより
c0214126_17161053.jpg
c0214126_1730765.jpg
      Brooks Brothers 品番903 Opera Pumps
c0214126_17301942.jpg
このオペラ・パンプスは、非常にお世話になった方から頂戴したものです。

MADE IN ENGLAND。恐らくChurch製だと思われます。

オペラ・パンプスは夜間礼装靴ですが、この靴は、エナメルでなくカーフスキンの略式なので、タキシード用ってことになります。
c0214126_21272198.jpg
      Brooks Brothers 1915年のカタログより

ちなみに、これらは全て礼装用靴で、この時代は深靴からボタン留めなど、多種多様だったようです。

16K01と16K07が短靴のパテントレザーなのに注目です。



ところで・・・
c0214126_18113429.jpg
何故か、こういうものも持っていたりしますので・・・(笑)
c0214126_17365778.jpg
      Brooks Brothers 1960年代のカタログより
c0214126_2232472.jpg
こんな感じで、デビューできたら良いんですが・・・(笑)



c0214126_13425368.jpg
      Brooks Brothers 1955年カタログより
c0214126_13431092.jpg
BDシャツを着た、こんなのもアリですね。
by yabushun | 2011-09-29 18:18 | SHOES | Comments(0)
Brooks English その1
c0214126_17242739.jpg
かつてBrooks Brothersには、イギリス製靴の商品群であるBrooks Englishというシリーズがありました。

一つはPeal & Co.とのダブルネームのものと、もう一つはOEM先がChurch等によるものです。

ちなみに、Brooks Brothersの商品で「ダブルネーム」になっている場合、基本的には(例外は有りますが)、併記されている会社がBrooks社(1818年)より歴史の古い会社に限られていました。
c0214126_9302184.jpg
      Brooks Brothers 1958年のカタログより

左頁下から2つ目のパンチド・キャップトウが、kenaoki様が、Brooks Brothersのオウンメイクのナチュラルショルダー・コンストラクションに最もムードの合う、と言われた靴です。
c0214126_16121836.jpg
c0214126_911882.jpg
      Brooks Brothers 品番902 Church製
c0214126_9312166.jpg
      比較対象としての、Church Barcroft

Churchの商品群で同じものはなく、最も似たものがラスト#84のBarcroftになるのですが、ぱっと見て、フォルムもそうですが、ブローキングの穴の大きさや、アイレットの配列ラインも違うのがわかります。
c0214126_916159.jpg
         独特なウエスト・シェイプ
c0214126_9115544.jpg
          独特なエッグ・トウ
c0214126_9212894.jpg
    ラスト名はCurzon。(ラストナンバー911)
    Brooks Brothers独自のラストの一つ。
    Churchのラスト#84より、更に細身になっています。

Brooks Englishには他に、Surrey、Devonと呼ばれるラストもありました。
c0214126_9121826.jpg
下のBarcroftと比較すると良くわかりますが、履き口が狭いです。
c0214126_9123667.jpg
c0214126_9125165.jpg
      左 Brooks Brothers   右 Church

Brooks BrothersのはBarcroftより、更にヒールが小さいです。


昔のChurch製だけあって、革質が良く、ソールも例の、Church独特のニオイがします。
by yabushun | 2011-09-24 14:37 | SHOES | Comments(12)
二村定一
   
     二村定一「アラビアの唄」昭和3年(1928年)

作曲/F.Fisher、訳詩/堀内敬三、唄/二村定一(ふたむら ていいち)


う〜ん、マイクで拾った音にもかかわらず、蓄音器ならではの、力強いアタックが再生されているのが分かる、そんな音ですね。

この音源は、ビクター録音のSP盤ですが、同じ年に発売された同曲が、日蓄、コロムビア盤にもあり、日蓄のニッポノホン・レーベルものが、日本最初のジャズ・レコードってことになります。
c0214126_1824127.jpg
浅草オペラの二村定一の、この不真面目というか、下品に甘い感じの歌い方が良いんですね。(笑)

阿佐田哲也(色川武大)も「命より2番目に大事なもの」というエッセイで、そんなコト書いていました。

ちなみに、榎本健一の「エノケンの洒落男」や、フランク永井の「君恋し」も、オリジナルは二村定一です。
by yabushun | 2011-09-21 18:04 | MUSIC | Comments(0)
Laura Nyro
   
         Laura Nyro「Luckie」1968年


2ndアルバム「イーライと13番目の懺悔(Eli and the Thirteenth Confession)」より。

ローラ・ニーロは、ニューヨーク・ブロンクス出身。イタリア系ユダヤ人の家庭に生まれています。

「ニューヨークのため息」と形容されたジャズ・シンガー、ヘレン・メリルの姪に当たります。

あの吉田美奈子の歌唱スタイルも、ローラ・ニーロの影響が強いですよね。
by yabushun | 2011-09-18 20:19 | MUSIC | Comments(1)
ブルックスブラザーズ大阪梅田店
c0214126_23124523.jpg
本日、ブルックスブラザーズ大阪梅田店オープン30周年記念のパーティーに行って参りました。

招待していただき感謝しております。

とても充実した時間を過ごすことが出来ました。
c0214126_2313540.jpg
オープニングは、W店長、S社長のご挨拶。

緊張している様子が、よ〜く感じ取れました。(笑)

今回は、雑誌「OCEANS」のカメラマンさんと、BONCOURAデニムの森島久さん(モデル業もされています)も特別参加され、会場となった梅田店は、ハジケそうでハジケない大人の雰囲気で、結論としては大いに盛り上がりました。(笑)
c0214126_23395622.jpg
森島さんは、森島流にブラックフリースを着こなされてましたよ。

流石モデルだけあって、格好良い方です。

※ 後日スタッフの方から聞いたのですが、この日は森島さん、ギャラを取らなかったらしいです。グッと来ましたね!あらためて言わせていただきます。格好良い方です。
c0214126_23152459.jpg
特別企画で、参加者の中から、森島さん選考によるベストドレッサー賞の表彰がありました。
c0214126_2317151.jpg
こちらは、梅田店スタッフ選考による特別賞の表彰。

ご本人は、金がつづく限り、ブルックスブラザーズを買い続けると仰ってました。(笑)
c0214126_23454699.jpg
          本日の私のコーディネート

ラペルピン代わりにつけたゴールデンフリースは、BB創立175周年記念のネックレスに付いていたパーツ。激レア。

実はパーティーに行く前々日、ザ・パーソナル・ショッパーズの店主、A氏に、

「当日コーディネートは決まっているんですが、胸が・・・胸が寂しいんです・・・」

と、ウソ泣きしながら相談したところ、アメリカ国旗、昔のBBの社員証、につづき、3つ目に出て来た品物。

「これ、これですわ!」

使用貸借(民法第593条)させていただきました。(笑)
c0214126_025731.jpg
        お土産に頂いた金羊マークのワイン


というわけで、時間があっという間に過ぎる楽しさでした。

大阪梅田店30周年、おめでとうございます。

そして、スタッフ皆様、ご苦労さまでした。

あらためて、心より感謝致します。

これからも宜しくね!(笑)
by yabushun | 2011-09-17 23:42 | CLOTHING | Comments(10)
ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
c0214126_13143161.jpg
10月9日よりWOWOWにて、日本放送開始。要チェックやで〜!
c0214126_22391825.jpg
c0214126_22393652.jpg
c0214126_22394985.jpg
c0214126_224471.jpg
舞台は1920年代の禁酒法時代。

ラスベガスよりも先に繁栄を迎えていた歓楽街、アトランティック・シティを牛耳った実在の政治家、イーノック・ジョンソンの半生をモデルとした物語のようです。
c0214126_2224374.jpg
主演のイーノック・トンプソン役は、スティーヴ・ブシェミ。

このドラマで、ゴールデン・グローブ賞TVドラマ部門の主演男優賞を受賞しています。

TVドラマ史上最高額となる5,000万ドルの製作費を投じた第1話は、マーティン・スコセッシが監督。

要らんコト言いますが、私、マーティン・スコセッシ、余り好きではありません。(苦笑)

脚本は「ザ・ソプラノズ」のテレンス・ウィンター。

製作総指揮の一人は「アントラージュ★オレたちのハリウッド」のプロデューサー、マーク・ウォールバーグ。そう、あの俳優です。

   
by yabushun | 2011-09-15 22:45 | CINEMA&DRAMA | Comments(2)
Soul Train その2
「ソウル・トレイン」は、1971年から2006年まで35年間続いた番組で、ドン・コーネリアスの司会は1993年まで。

番組テーマ曲、ギャンブル&ハフによる、スリー・ディグリーズの「TSOP(The Sound of Philadelphia)」(1974年)のイメージが強い為か、この番組を語る時、フィリー(フィラデルフィア)系の音をすぐ思い浮かべてしまいます。

そういう訳で、ちょっとベタかも知れませんが、名曲、オージェイズ「裏切り者のテーマ」です。

満面の笑みで歌ってますが(笑)、時代を背景にして、メッセージ色は強いです。

「What they doin'」のフレーズが来る所は、その時自分が何をしてようと、オージェイズと一緒に合いの手入れるのが、正しい聴き方です。

身振り手振りは、各自工夫をして下さい。(笑)


       The O'jays「Back Stabbers」1972年
by yabushun | 2011-09-12 06:33 | MUSIC | Comments(0)
靴修理
この前、JR三越伊勢丹大阪店内にあるリペア工房「RESH」に、靴の修理を数足依頼したのですが、お店のブログに私の靴が登場しているのを偶然発見。(笑)

http://resh.osakazine.net/index_2.html 8月9日がそれです。
c0214126_23531430.jpg
           クリーニング中

このFLORSHEIMは、ヒールチップ交換とつま先の修理をしてもらいました。

ヒールの、ずらっ〜と打たれた釘がなくなるのは、若干寂しいものがあったのですが、何度か転倒しそうになった経験がありましたので、まぁ良いかなぁ〜と思っております。



ところで、もし大勢の人がいる中、靴が滑って、ひっくり返った場合どうするか?

暫くそのままの状態を保持し、自分の周りに人だかりが出来た頃、徐に立ち上がり、その場を去る・・・

これで行きたいと思ってます。(笑)
c0214126_73374.jpg
         ラスタヒール    ¥2,520
         つま先補強(ラバー)¥1,365
         クリーニング    ¥2,625

で、靴の修理ですが、靴紐の通しがパラレルになって返ってきたこと以外は(笑)満足しております。

ちなみに、アメリカ製の靴は外羽根、内羽根問わず、私はアンダーラップにしております。
by yabushun | 2011-09-10 00:29 | SHOES | Comments(0)