ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ポロカラー・シャツ その1
c0214126_315138.jpg
先々週の10月9日、ブルックスブラザーズ神戸店の10周年記念パーティーに行って参りました。

とても楽しい夜を過ごさせていただきました。

神戸店の馴染み客でもない私なんかまで招待していただき恐縮していたのですが、招待状には「男性はボウタイ、女性はスカーフもしくはショールのいずれかを身につけてご来場くださいますようにお願い申し上げます」との一文が・・

念のため店長に電話で確認したところ、他の方は無理にとは言わないが、私は許されないとのこと。(笑)

まぁ~こういう機会でもなければ、なかなかボウタイする機会もないし、たまには良いモンですね。

当日のスタッフ皆様の素敵なもてなしに、あらためて感謝です。
c0214126_18582847.gif
さて、ブルックスブラザーズと言えば、ブランドの代名詞にもなっているポロカラー・シャツ(BDシャツ)に関してですが、現在「Makers」ネームの入った自社工場生産製品の大方はオックスフォード生地のものだけになってしまいました。

そのオックスフォード生地も、タグに「IMPORTED FABRIC」の文字が入る日本製某社の生地になってしまいました。

以前のオックスフォード生地は、ブルックスブラザースへ100年以上に渡り独占販売してきたダンリバー社の、ウエイトのある重厚な生地材であったのですが、そのダンリバー社が2006年に倒産してしまい、今ではブルックスのカスタムオーダーシャツを手掛けていたインディビジュアライズド社の在庫のみになってしまいました。
c0214126_21483070.jpg
          1980年のカタログより


柔軟性、吸湿性に優れ、独特の素材感であったブルックスのシャツは「スーピマ・コットン」の超長綿が用いられていることで有名でした。

最高級の品質を誇るアメリカ産綿花の「ピマ・コットン」から、さらに厳選された品質のものを「スーピマ・コットン」と呼んでいたようです。

「スーピマ」の「ピマ」は、ピマ族という先住民族の部族名に由来し、「スーピマ」の「スー」は「スペリオル(上質)」の略語で、つまり「スーピマ・コットン」とは「スペリオル」な「ピマ・コットン」だということです。
c0214126_190962.jpg
c0214126_385141.jpg
生地が「IMPORTED FABRIC」になったとはいえ、それ以外はアメリカ製であることを守るブルックスのポロカラーシャツは、現在ノースカロライナ州に拠点を置く「ガーランド」というシャツファクトリーで製作されています。


30年以上務めているベテランたちがいるこの工場の存在は、今では大変貴重だと思います。
by yabushun | 2010-10-25 19:03 | SHIRTS | Comments(5)