ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
カテゴリ:STATIONERY( 1 )
筆記用具
たまには文具のお話を。(笑)

文具は大好きなんですが、あくまで実用品としてしか思っておりませんから、自慢出来るコレクションみたいなものは、何一つございません。

今回、机周辺にあるものから、テーマ別に(笑)ピックアップしてみましたが、ふ〜ん、こんなん使っているのか、程度に見て頂ければ良いかと思います。
c0214126_19382124.jpg
まずは「ペリカン」編

(下段より)
Pelikan M800 茶縞 万年筆 M
Pelikan M400 万年筆 F
Pelikan M205 万年筆 F
Pelikan R600(1962年製) ローラーボール
Pelikan R250 ローラーボール

M800はもう少し太いニブの方がヌラヌラ書けるのでしょうね。あとペン自体が私の手には少し大き過ぎます。M400、600ぐらいの大きさの方が使い易いですね。

ちなみに、猿のペン受け(鋳物)は、10数年前に京都の古道具屋で買い求めたもの。海外輸出用に日本でつくられたものではないか、と店主が言っておりました。
c0214126_19385711.jpg
「LAMY デザイナーWolfgang Fabian」編

(左より)
LAMY swift L331 ローラーボール
LAMY spirit ボールペン
LAMY logo L408 3色ボールペン
LAMY safari 万年筆 B

1930年創立のラミーは、インク調合から金型までのほぼ全ての工程を自社工場で行っていて、バウハウスの「機能美」追求という流れを受け継いでいます。
swift は、ノックするとクリップが収納され、ボディーがフラットになる仕掛けが。映画「マトリックス」で使われたのが、これのパラジュームコートのヤツ。
spirit は、一枚のステンレス板を切抜き、折りたたんでいくことによってボディが形成された、極細スタイル。
デザインと工作精度に、つい、ぐらっと来ちゃうんですね。(笑)
c0214126_19385928.jpg
電気会社シャープの社名が、早川金属工業時代に発明した「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に由来し、そこから「シャープペンシル」「シャープペン」という呼称が一般的にも定着しているわけですが、その「シャープペン」で文字を書くのに、私は小学生の頃から製図用を使って来ました。

「ペンシル」編

(左より)
rotring 600(0.7ミリ)
FABER-CASTELL TK-FINE VARIO(0.5ミリ)
FABER-CASTELL TK-9500(2ミリ)
FABER-CASTELL ベーシックペンシル(0.7ミリ)
MONTBLANC 165(0.5ミリ)

モンブランのペンシルは、ある試験の筆記用にとデパートで購入。良い解答は良い筆記用具によってなされる、と思ったからです。(笑)ところが本番では、手に汗かいて、試験なのに、スベるスベる。(笑)洒落にならんでと思っていたのですが、結果は何とか合格。それ以降は、たま~にスーツの胸ポケットに挿す程度のアクセサリーと化しております。
c0214126_19391397.jpg
yabushunと言えば「宇宙」です。(笑)
というわけで「宇宙もの」編

(左より)
ぺんてるサインペン
1963年に発売された世界初の携帯用水性ペン。アメリカ大統領ジョンソンが24ダース注文したことが「Newsweek」で報道され、当時アメリカでちょっとしたブームに。1965~66年のジェミニ6号、7号で宇宙も旅する。世界100ヶ国以上で販売されており、累計販売本数は21億本以上。

Fisher AG-7 Space Pen
25年ぐらい前に購入したものです。

Fisher CAP ACTION
軸にあったスペースシャトルのダサいイラストは、耐水ペーパーで研磨して消しました。(笑)

フィッシャーのスペースペンは、宇宙空間でも使用出来るペンをめざして、多額の開発費をかけて1968年に開発されたもの。使用可能な温度範囲は−35℃から120℃で、水中、上向き、無重力状態においてもその書き味は変わらず、特殊インクの品質保持期間は100年間。AG-7 は、アポロ11号の月面着陸のときに宇宙飛行士によって使われた、とされています。

普段の私の生活スタイルで、なかなか無重力状態になることはありませんし、120℃になったら死んでますし(笑)、明らかな過剰性能なんですが、条件を選ばないヘビーデューティー性と、写真などの艶のある面、油性の面にでも書けるオールマイティー性など、いつか活躍する時が来ると信じている、といった所でしょうか。(笑)

余談ですが、どうも普通のボールペンでも(熱や気圧の変化に対する耐性がないが)無重力で文字が書けるようですね。
by yabushun | 2014-01-22 08:53 | STATIONERY | Comments(4)