ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
服は口ほどにものを言う
c0214126_634479.jpg
発売前から予約していて、昨日配送されて来ました。

そりゃもう、待ち遠しかったですよ。(笑)

非常に分かりやすい文章なので、繰り返し読んでおりますが、右も左も分からない人対象の「入門編」みたいな本では、全くありません。

ブログ炎上覚悟で書きますが(笑)、「〜ねばならない」的世界から一歩も抜け出せてないと言うか、そもそも、そこ迄到達すらしてないのに、ウンチクだけ語りたがるアナタ。

もう、お黙りなさい。(笑)

そんなことより、もっと大切で、肝心なことが書かれてあります。



今更言うのも何なんですが、所謂「IVY、トラッド・スタイル」の最も「美味しい」部分を、今日的に、かつ魅力的に着こなされている鈴木晴生さんのスタイルは、いつ見ても、新鮮で、カッコ良くて、凄いんですね。

そう。私は、徹底的に考え抜かれ、まとめあげられたスタイルに、「凄み」を感じるんです。

この本は、鈴木晴生さんという「達人」の考え方、その一端を知ることが出来る、絶好の機会となりました。



自分なりに咀嚼して表現するならば、「技術」の集積の上に出て来るのが、「センス」なんだと思います。

だから、甘いマスクに騙されちゃいけないってコトです。(笑)

妻が雑誌なんかを見て、

「何やかんや言うても、鈴木晴生さんが一番カッコええな。」

と言うので、

「間違いなく、ボクの100倍オタクやと思うで。つまり、ボクが100人おるっちゅうコトや。それでもええんか?」

と、根性曲がった、意味不明な揺さぶりをかけるようにしております。(笑)



以上、皆さん!チェケラ!です。
by yabushun | 2015-06-22 07:42 | CLOTHING | Comments(12)
Commented by Shuzo at 2015-06-24 06:40 x
Yabushunさんこんにちは!この本、まだ書店で見つけられてないのです。ご本人に関してはパーティーで数回お見掛けしたことが有りますが、あれだけの実績と歴史をお持ちの方なのに非常にシャイな、優しい雰囲気溢るる素敵な存在のお方ですね(๑´ㅂ`๑)ちゃんとお話したことは無いですが、去年『JAPANESE DANDY 』の出演者メインで数十人で集まった時、すれ違いざまに『博士…。』と言われました(´∀`)なんの博士やねん(´∀`)そんなお茶目でチャーミング(←by魔法使いチャッピー(´∀`))な雰囲気もある晴生さんの本、是非手に取り熟読したいと思います。
Commented by yabushun at 2015-06-24 07:38
Shuzoさん、そうでしたか。博士、イイですね。(笑)

私、実を言いますと、鈴木晴生さんと白井俊夫さんの画像、相当な数集めています。同性愛的趣味からじゃないですよ。(笑)これほど勉強になる素材はないのです。

ただ、鈴木さんの着こなしは鈴木さんそのものを体現していて、とても真似出来る代物ではありません。何故、これを着られているのか分析的に見ていくと、「かなわんなぁ、こりゃ」となるのですが、方法論みたいなものを学ばせて頂いております。

白井さんのコーディネートは、モロにパクらせて頂くコトがあるのですが(笑)、あの雰囲気は真似来ません。

あと、個人的に好きなのは、赤峰幸生さんですね。

「JAPANESE DANDY」は、血脇秀則さんが一番印象に残ってます。
Commented by Shuzo at 2015-06-24 11:46 x
白井さん、かっこ良いですよね(´Д`;)(同性愛的な意味ではなく(´∀`))白井さんに初めてお会いしたのは『TAKE 8 IVY』という写真集の出版記念パーティーでありました。バリバリのIVYの人が大部分を占めるパーティーにバリバリの30'sスタイル(一番お気に入りの黒ピンストライプのダブル)で参加しまして(´∀`)帰りのエレベーターで偶然白井さんと一緒になりましたらなんと白井さんから『格好良いですね!』とお言葉を受けて恐縮してしまいました。そこで『JAPANESE DANDY』著者の河合さんが『白井さん、SHUZOくんは30'sのスタイルでね…』と解説しようとすると白井さんは渋い低音の声で『僕だって30'sだよ!』とおっしゃられ、エライ感激した覚えが有ります(´Д`;)『JAPANESE DANDY』にはそのお気に入りのダブルで臨みましたが、調子にのって腰に手を当てたポーズを取ったりしてると、腰に手を当てたせいでウエストシェイプのラインが消えてしまい、よりによってその写真が採用されてしまいました。トホホ(´Д`;)
Commented by yabushun at 2015-06-24 16:46
白井さんや鈴木さんからお声がかかるのは、Shuzoさんならでわの魅力があるからですね!白井さん、確かにフェローズのイラストに出てくるような着こなしされてますもんね。ちなみに、私も30'sのブルックスブラザーズ・スタイルを密かに追求しております。(笑)

ポーズに関してですが、鈴木さんの本の中で、「泥棒成金」のケイリー・グラントについて、こんな記述がありました。

「人と対面するシーンでは、必ずスラックスの左ポケットに手を入れています。右ではなく左のほうが上着のシワがきれいに出ることがわかっているからこそできる所作です。」

慌てて、白井さんの画像をチェックしてみた所、何と、殆ど左ポケットに手を入れているではありませんか!ガビーン!
Commented by Shuzo at 2015-06-24 18:04 x
フェローズのイラスト
そうですね。白井さんの信濃屋スタイル、よくみるとシングルのピークトラペルのモデルとか、30年代に多い型をよく着られてるんですね。しかし左手が決め手とは全く気が付きませんでした(´∀`)自分が腰に手を当てて失敗したのも左手ですがあれはポケットに突っ込めば良かったのかと(´∀`)今更合点が行きました。しかしyabushun様はブルックスがちょっとドレープルックに屈しかけた30's(失礼!)よりやはり深靴を合わせて20's風ブルックスの方を極めていただくのはいかがですか(と勝手な事を(´∀`))
Commented by yabushun at 2015-06-24 23:01
いずれにしましても、白井さんや鈴木さんのような素敵な着こなしされる方がいらっしゃるコトは、世の中的には非常に良いコトだと思います。

話変わって、今年バタクが出した「カリビアンシャツ」ご存知ですか?ラグラン袖で、カラーキーパーが入る襟、背中にはアクション・プリーツが入っていて、外に出しで着れるように裾スリットが入った開衿シャツです。ずーっとこんなシャツ探していたのですが、全然なかったんですよね。めっちゃイイっすよ。こんなテイストも大好きです。
Commented by Shuzo at 2015-06-25 06:07 x
バタク カリビアンシャツ でググってみました(´∀`)良いですね。昔、コイーバで台襟の無い開襟シャツもだしてました。それは30's のロングポイント同様、衿の外側がもっと曲線がキツかったですがほぼこんなテイストでした。バタクの中寺さんはコイーバにも居たので、根っこ的なスタイルは同じなんですね…。恵比寿にあったデビューという30's系のお店でこの手の開襟シャツをオーダーしたことが有ります(パターンはバタクを本格的に展開する前の中寺さんがやっておられました)店主のS氏の口車に乗せられてウール混の“ビエラ”で仕立てたんですがアレルギー体質の自分はウール混のチクチクが無理でほぼ使わず仕舞いで手放すはめに…。30's~40's系の古着屋“デイビッツ クロージング”(現在は渋谷)も十数年前に何を血迷ったかリプロダクトでジャケットとシャツをいきなり作ったことがありましたがこの時作ったシャツもこのタイプだったですね。確かラグラン袖で背中がインバーテッドプリーツだったですね。数年前それが古着と一緒に並んでたのは笑いましたが(´∀`)
Commented by yabushun at 2015-06-25 07:58
さすがShuzo様!詳しいなぁ。やっぱ、博士だな。(笑)

開衿シャツ、信濃屋さんでも最近紹介してましたね。
カリビアンシャツ、昔のエーボンハウスの凝ったデザインのリネンのパンツを合わせて・・とか、コーディネート、あれこれ考えてます。(笑)

ウール混と言えば、昔、自転車競技用のウェアもウールだった時代があるんです。雰囲気を大切にする私は(笑)入手してみました。が、夏にあんなモン、絶対に着れませんね。(苦笑)テニスだって、白のフランネル・パンツ穿いてた時代がありましたが、雰囲気を構成するのに、入手出来る出来ないをふくめて、素材って結構大きな問題ですね。
Commented by TOORI at 2015-09-20 13:12 x
yabushunさん、こんにちは。

かなり以前ですが鈴木さんがたまたま店頭に居られて接客された事があります。
雰囲気のいいウエスターナーを穿いておられたので、つい「オリジナルですか?」と尋ねると「いやいやレプリカですよ」と笑顔で答えられました。
何を着るかよりどう着るかが大切だと思い知らされました。
Commented by yabushun at 2015-09-21 09:39
TOORI様 、はじめまして。

私は8月30日 に大阪であったトークショー&サイン会に行って来ました。
鈴木晴生さんに初めてお会いするコトが出来たのですが、う〜ん、やはりカッコ良かったです。男前は、まぁ仕方ないとして(笑)、あの何とも言えない物腰柔らかい雰囲気、素敵でしたねぇ。サインもらう為、また本買っちゃいました。(笑)

そうそう、トークショーの中で「何を着てるか聞かれるのが一番嫌だ」と仰ってましたよ。(笑)でも、他の人はどうでも良くても、鈴木さんの着てるものだけは気になりますよね。(笑)
当日は、紺地ストライプ柄のダブルJKTのタイドアップ・スタイルだったのですが、下は適度に色落ちしたヴィンテージ風デニムを合わされていました。で、このデニム、よく見ると、Lポケットでなく縦切りポケットになってたんですよ!おっと、「何を着るかよりどう着るか」でしたよね。(笑)

今後とも宜しくお願い致します。
Commented by 坂田雅信 at 2015-10-05 18:25 x
鈴木さんに、初めてお会いしたのは、さるパーティーでして、こちらは、お迎えする側だったので、受付けにいたのですが、その時、コードレーンのスーツを着てらしたのですが、まぁ、かっこ良かっです。なかなかコードレーンのスーツを、着こなす方はいらっしゃらなので、鮮明に覚えています。
Commented by yabushun at 2015-10-05 21:24
そんなご体験があったんですね、坂田さん。もっと早く書き込みして下さいよ。(笑)

確かに鈴木さんの着こなし見ると、ハッとさせられるというか、でも決して奇をてらったものでなく、上手く言えませんが、綺麗寂びのようなものがありますよね。
<< WE 18A オートトランス 最高の人生の描き方 >>