ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
スペクテイター・シューズ その2
c0214126_5241596.jpg
上段左より
  Brooks Brothers
    Peal&Coネーム カーフ×キャンバス
  Alfred Sargent
    ラスト87 Melly
  Alden
    UA別注 モデファイド・ラスト
    プランテーションソールを革底に、靴紐は平紐に交換
下段左より
  Poulsen Skone
    カーフ×ディアスキン
  Edward Green
    ラスト33
  J.M. Weston


茶系のコンビは、まだあったと思いますが、探したり、並べ直したり、撮影し直したりするの、結構邪魔臭いんですよね。(苦笑)

言いたいコト、その1は、コンビの靴の白い部分がスムースレザーの場合、安もんは、歩く度に、まるでオバQみたいに、んにゅ、んにゅ、正ちゃ〜ん、と音がするというコトです。(笑)

その点、バックスキン(ディアスキン、スエード)は、そんなコトはなく、また、合わすコトが多いと思われるリネンのスーツなんかに、素材的に、良く馴染みますね。
c0214126_649187.jpg
         drawing : Laurence Fellows


言いたいコト、その2は、私はセミブローグのコンビを、悔しいのですが、持ってないというコトです。(笑)
c0214126_5325138.jpg
これは、何年か前のオークションに、どなたかが出品されていた、Brooks Brothers のビスポーク・シューズです。

余りに美しかったので、画像を保存しておりました。

素晴らしいデザイン、プロポーションの靴だと思います。

サイズが大きかったので、入札しなかったのですが、今は、そりゃ〜、後悔してますよ。(笑)

箱には、ダブル・フェイスのBのマーク(現行のCountry Club Collectionで使っているヤツ)が入っていて、かなり古いものだったと記憶しています。
c0214126_965992.jpg
   1900年頃から20世紀初頭にかけて発行された小冊子で、
   このBBマークを見ることが多いですね。


で、言いたいコト、その3は、年に数回しか履かない、こういうものこそ、中途半端なものでなく、良質のものを揃えるべきだ、というコトです。
by yabushun | 2013-07-30 07:47 | SHOES | Comments(8)
Commented by Shuzo at 2013-07-31 12:00 x
yabushun様こんにちは。
上段の真ん中のベージュとこげ茶のコンビの色合いがメチャクチャ好きです!下のブルックスの写真もウイングチップではなくキャップトウになってるところが好きです!!良いですねーコーレスポンデントシューズ・・・。僕はほとんど持ってません・・・。
Commented by yabushun at 2013-07-31 18:36
shuzo様がコーレスポンデント・シューズ、そんなにお持ちでないというのは、意外です。
「the 30s style」の中では、これでもか!って感じで登場してましたからね。
私のような者がshuzo様に言うのは明らかに変なのですが、持っていると、非常に重宝する靴だと思います。(笑)
でも、市販されてるものの中から、いざ探すとなると、良さそうなものがなかったりしますからね。
Alfred Sargent のこのカラーは、コーディネートし易く、佇まいもクラシックな雰囲気なのですが、如何せん、んにゅ、んにゅ、と音がするんですよ。(苦笑)
「スペクテイター・シューズ その1」で取り上げた、Allen Edmonds、Loakeも音がするんですよね。いずれも、革の質と塗料に問題がある気がします。
ディアスキンは独特の味がありますね。ちょっと汚れても、それはそれで表情になると言えば良いのでしょうか。
Commented by yabushun at 2013-07-31 19:02
ところで、スペクテイター・シューズって言っても、なかなか通じませんね。(苦笑)
だからと言って、コーレスポンデント・シューズと発音すると、唇噛んで血が出そうで、躊躇してしまい、コンビの靴、コンビニの靴とちゃうで、と言い直しております。(笑)

ブランメル倶楽部のコラム、好調ですね!
Commented by Shuzo at 2013-08-01 06:15 x
コーレスポンデント シューズは一足しか持ってないです。20年ほど前にコイーバで買ったグレンソンのキャンバス×紺のキャップ トゥのオックスフォード(パーフォレーションなど一切なし)しかも25㎝!(僕の足は25・5なのでキツキツ(´д`;))「正ちゃ~ん」とおとが鳴ったとしてもサイズの合うのが欲しいです(´д`;)
Commented by yabushun at 2013-08-01 07:36
(笑)この記事で一番書きたかったのは、正ちゃ〜ん、だったんですよ。
ついでに、皆さんをビビらしたろと思って、目を背けたくなるような、リアル・オバQの画像を探しておりました。(笑)

コイーバでグレンソン扱っていたんですね。昔のグレンソンは良い靴でした。

実は、コンビの靴の画像は色々集めてまして、よそ様のサイトから取って来た画像も沢山あるのですが、アップするのは差し障りがあると思い出来ません。
でも、どんなタイプがお好みか、お探しなのか、一度お聞きしたかったんですよ。
UKサイズで7、USサイズで7.5、ってコトですね。(笑)

このブログのジェラルド・マーフィーの画像で、ヴェニスで履いてるタイプのものなんか、今は目にするコトがありませんが、個人的には前々から気になってます。派手ですがね。
Commented by Shuzo at 2013-08-01 15:38 x
コイーバで買ったグレンソン、またFBでアップします。しかしシンプル過ぎるんですよね。爪先とかかとのみ紺で。やはり爪先、かかと、紐の部分が同じ色のコンビが欲しいです(´д`;)しかしコーレスポンデントだけではなく普通の茶靴や黒靴もロクにないという・・・・・最近ヤバいですね(´д`;)。しかし今月はビクトリアン時代のコードレーンのカッタウェイフロックコートを購入するかも知れないのでなかなか・・・・・。(´∀`)。それをゲット失敗したら靴を買おうかと・・・・・。
リアルオバQは劇画オバQのやつですかね?正ちゃんが社会人になってやたら切ない話だったやうな・・・・・。
ブランメル倶楽部のコラムはここでのやり取りであった“徒花の側の人間”のフレーズ、使わせていただきました(´д`;)。
Commented by yabushun at 2013-08-01 19:17
リアル・オバQに関してですが(笑)、子どもの頃、小松崎茂か梶田達二か、誰だか不明なですが、怪獣絵師系の方が描いたリアルな絵を見て、結構グロテスクなヤツだったんだなと(笑)思った記憶があるのです。

この時代の私は、実在するものが、少年漫画になり、そしてTVでアニメになるのだと思っていました。
それは、近所に自転車でやって来た片腕のオッサンに、金巻き上げられ見せられた「黄金バット」の紙芝居の後に、少年誌でリアル黄金バットの絵を見て驚き、それからTVアニメを見て、子どもなりに、ものには順序があるのだと理解したからだと思います。(笑)

そんな記憶を辿りながら、丸尾末広か花輪和一が描いたような、皆の夢を打ち砕くような、エロくてグロい、オバQの画像があったらな〜と探しておりました。(笑)
Commented by 坂田雅信 at 2016-03-03 15:24 x
これ、田舎では、浮きますね、で、なかなか購入には、いたりません。
<< BOMBER 功夫淑女 >>