ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
パッキアオVSマルケス 第4戦
12月8日(日本時間9日)、ラスベガスMGMグランドで行われたウエルター級12回戦、6階級制覇王者、マニー・パッキアオ(比)と、4階級制覇王者、現WBO世界S・ライト級チャンピオン、ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)との、因縁の4度目の対決は、マルケスが 6R 2分59秒 TKOでパッキアオを下しました。

過去3度の対戦は、パッキアオの2勝1分でしたがが、いずれも小差の判定。

マルケス・ファンの私から言わせれば、本当はマルケスの2勝1分。(笑)

完全決着を期待された今回の対戦は、3Rにマルケス、5Rにパッキアオがダウンを奪うという、予想通りの激闘となりました。


劇的な結末は、6R終了間際、パッキアオが連打でマルケスをロープ際に追い詰め、得意のワン・ツーで襲いかかった瞬間、マルケスの右ショートがカウンターで炸裂〜!

パッキアオは、そのまま前のめりに倒れる〜!

こりゃ、死んだな、と思いましたが、失神だったようです。

まさに、名手マルケスにしか打てない、抜群のタイミングでのカウンターでありました。
c0214126_059123.jpg
試合を振り返ってみると、3Rの、左ボディーブローを伏線した、あの強烈な右ロングフックによるノックダウンで、試合の趨勢は決まった気がします。

その後、あえて仕留めにかからなかったマルケスの冷静さが、勝利という結果になったのではないでしょうか。

試合後、パッキアオがインタビューを受けている時、ニヤニヤしながら横に来て、「第5戦、第6戦もあるかも知れないよ」と言っていたのは、カス・ダマトが「北半球で最低な奴」と評した、トップランク社のボブ・アラム。

こんな倒され方して、次があると、本気で思っているのだろうか?



しかし、今回のマルケスの体、凄い仕上がりでしたね。(苦笑)
by yabushun | 2012-12-11 01:30 | BOXING | Comments(0)
<< サリスバリー・コート その2 サリスバリー・トレンチコート その3 >>