ブログトップ
You ain't heard nothin' yet!
yabushun.exblog.jp
シャーロック・ホームズの冒険
今年(2017年)は、シャーロック・ホームズ生誕130周年目の年らしいです。

ホームズ小説の第1作「緋色の研究」が発表されたのが、1887年だったのです。
c0214126_17541981.jpg
「緋色の研究(A Study in Scarlet)」が掲載された
ビートンのクリスマス年鑑(Beeton's Christmas Annual)



生誕130周年を記念して、AXNミステリー・チャンネルでは、シャーロック・ホームズ映像化作品の特集が組まれています。

その決定版と言える名作TVシリーズ「シャーロック・ホームズの冒険」の全話放送も始まっております。

この英国グラナダTVで製作さた「シャーロック・ホームズの冒険」は、原作を忠実に映像化したTVシリーズとして、数あるホームズ作品の中でも最も人気が高く、シャーロキアンたちからも支持されています。

何よりも、シャーロック・ホームズ役のジェレミー・ブレットが、キレキレと言うか、素晴らしいんですよ。
c0214126_8574634.jpg
ベーカー街221Bの住居表示を見るだけで興奮しますよね。(笑)



物語の背景となっている19世紀ヴィクトリア朝の時代考証、これも見どころの一つであります。

先ずは、ジェレミー・ブレット演じるシャーロック・ホームズの、蝶ネクタイに注目して下さい。

初めてこのTVシリーズを観た時、おおっ!と思ったのが、このシャツの衿の内側に蝶ネクタイの端を挟む着こなし方であります。(笑)

調べると、こういう蝶ネクタイの着こなし方は、歴史的にかなり多くの方がされていたことが判りました。
c0214126_17191452.jpg
左・ジョン・H・ワトスン(デビッド・バーク)と
右・シャーロック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)



あと、ホームズ達が穿いているズボンも、ちゃんとクリースが無いんですよね。

19世紀中頃まではズボンに折り目というものは無く、今日的な意味でのフロント・クリースが見られるようになったのは、1890年に至ってのことというのが歴史的事実なのです。

にもかかわらず、同時代を扱った日本の映画やTVドラマを観ていると、必ずクリースがビシ〜っと入っていて、結構シラけてしまいます。(苦笑)

ちなみに、ホームズがルームシェアの相手としてワトソンと初めて出会う(「緋色の研究」)のは1881年、犯罪組織の頭目であるジェームズ・モリアーティ教授との対決(「最後の事件」)でライヘンバッハの滝に落ちるのが1891年の設定でした。念のため。
# by yabushun | 2017-01-19 17:35 | CINEMA&DRAMA | Comments(2)
明けましておめでとうございます
c0214126_1518873.jpg
ブルックスブラザーズ 1920年のカタログより



本年もよろしくお願い致します!
# by yabushun | 2016-01-01 06:00 | Comments(0)
WE 8、9、10アンプ
1920年にアメリカでは世界最初のラジオ放送局(KDKA)が開局され、AM放送が始まります。

音の振動を電気信号に変換し増幅する増幅素子「真空管」が、リー・ド・フォレストの特許(1906年発明の3極真空管)のもと、Western Electric社(以下「WE」と記載)によって実用化され、それは可能となったのです。

一方で、この真空管を利用することにより、多くの人たちに情報を伝達するパブリック・アドレス(PA)も可能となり、そのためのアンプやスピーカーも開発されました。



極めて大規模なPAシステムが採用されたのは、1921年3月4日、首都ワシントンで開催された、第29代アメリカ合衆国大統領ウォーレン・ハーディングの就任式の時でした。

演説会には13万5千人が集まっています。
c0214126_12504984.jpg
1921年3月4日 アメリカ大統領就任式
c0214126_32845.jpg
国議会議事堂前、植栽に見えるのは聴衆で、点線はPAカバーエリアを示しています。



同年11月11日(第1次大戦休戦結記念日)には、バージニア州アーリントンの無名戦士の墓での演説会に10万人が集まり、大統領の演説と音楽の演奏を聴きました。
c0214126_211163.jpg


この模様は、電話回線を使って東西海岸都市に同時中継され、ニューヨークで3万6千人、サンフランシスコで1万6千人の聴衆が、屋内・屋外で耳を傾けることとなります。
c0214126_1345839.jpg
1921年11月11日 NY マディソン・スクエア・ガーデン
c0214126_13184760.jpg
会場に備え付けられたラウドスピーカー(バランスト・アーマチュア型レシーヴァーを使用)

c0214126_1351592.jpg
1921年11月11日 SF シビック・オーディトリウム



これらの大規模な演説会のPAシステム用は、全てWEの機材によるものでした。

使われたアンプは、8-A、9-A、10-A、および11-Aでした。
c0214126_1250119.jpg
上から、516-Bコントロール・パネル、B-10-Aアンプ、9-Aアンプ、8-Cアンプ、515-Aメーター・パネル。



このWE 8、9、10アンプは、1926年から運用が開始される「ヴァイタフォン」と名づけられたトーキー用サウンドシステムのアンプ部としても活躍することとなります。

つまり、開発前から考え抜かれて設計され、満を持して登場したアンプだったのです。

WE業務用アンプの原点でありながら、これ以降作られた如何なるアンプも比較にならないほど物量投入がされた、言わば、贅を尽くしたアンプでもありました。
# by yabushun | 2015-12-30 00:45 | AUDIO | Comments(0)
WE 18A オートトランス
c0214126_715281.jpg
Western Electric 18Aオートトランスをゲ~ット!

何が嬉しいかって申しますと、これをWE 7Aオートトランスの代わりに使うコトにより、遂にWE TA-7257と同じ回路のネットワークを作れるようになったのです。



劇場用装置として沢山使われたと言えども、ネットワークはスピーカーやアンプより故障頻度が低く、そんなに生産されなかったように思われます。

したがって、WEのTA-7257ネットワークぐらい古物になると、現存するタマ数が圧倒的に少なくなり、あっても希少性故に、信じ難い価格になっていて手が出せませんでした。



TA-7257ネットワークは簡単な回路と少ないパーツで構成されていますが、色々なノウハウが詰まっています。

その最たるものが、7Aオートトランスを使ったLC共振回路で中域用555レシーバーの低域をカット(300Hz 6dB/oct)するというユニークな手法です。

例えば、オートトランスを使わずにコンデンサーで低域カットするとなると、直列に約40μF以上が入ることになってしまい、そりゃ~もう、ボケボケの音になるコト必至です。

加えて、質的なコトを考えると、使えるオートトランスだったら何処のでも良いと言う訳にも、これが参りません。(笑)

だから「トランスが肝だ。このトランスさえ入手出来れば何とかなるぜ」と、何年も探し続けていたのです。




c0214126_1035344.jpg
WE 41、42、43アンプ・システムで、アンプ終段とスピーカーの間に入り、ヴォリュウム・コントロールとインピーダンス変換を行っていたWE 200-Aパネル(一番上の「OUTPUT CONTROL PANEL」と表記された部分)
c0214126_1243249.jpg
200-Aパネルの裏側。ここでも左端に見える7Aオートトランスによってインピーダンス整合が行われていました。




TA-7257ネットワークに組み込まれている7Aトランスはパーマロイ・コア(容量7W)なのですが、入手した18Aは純鉄コア(容量40W)で、7Aよりワイドレンジと言われているものです。

共にWEを代表する銘トランスであるコトに変わりありません。

ヴィンテージ・オーディオ店での相場はペアで60万円ぐらいなのですが、この度格安で入手するコトが出来ました。

まぁ、人生、たまにはこういうコトもありますわ。(笑)

「安く入手出来たコトをやたら強調してるが、じゃあ、一体幾らしたの?」

と妻から質問されちゃいましたが、こういう時は聞こえなかったフリ、これが基本的姿勢です。(笑)



ちなみに、WEには19Aというオートトランスもあり、これは18Aの3倍もの大きさで、重量15kg/個、容量200Wという化け物らしいです。

私は写真ですら見たコトがありません。
# by yabushun | 2015-12-25 07:19 | AUDIO | Comments(0)
服は口ほどにものを言う
c0214126_634479.jpg
発売前から予約していて、昨日配送されて来ました。

そりゃもう、待ち遠しかったですよ。(笑)

非常に分かりやすい文章なので、繰り返し読んでおりますが、右も左も分からない人対象の「入門編」みたいな本では、全くありません。

ブログ炎上覚悟で書きますが(笑)、「〜ねばならない」的世界から一歩も抜け出せてないと言うか、そもそも、そこ迄到達すらしてないのに、ウンチクだけ語りたがるアナタ。

もう、お黙りなさい。(笑)

そんなことより、もっと大切で、肝心なことが書かれてあります。



今更言うのも何なんですが、所謂「IVY、トラッド・スタイル」の最も「美味しい」部分を、今日的に、かつ魅力的に着こなされている鈴木晴生さんのスタイルは、いつ見ても、新鮮で、カッコ良くて、凄いんですね。

そう。私は、徹底的に考え抜かれ、まとめあげられたスタイルに、「凄み」を感じるんです。

この本は、鈴木晴生さんという「達人」の考え方、その一端を知ることが出来る、絶好の機会となりました。



自分なりに咀嚼して表現するならば、「技術」の集積の上に出て来るのが、「センス」なんだと思います。

だから、甘いマスクに騙されちゃいけないってコトです。(笑)

妻が雑誌なんかを見て、

「何やかんや言うても、鈴木晴生さんが一番カッコええな。」

と言うので、

「間違いなく、ボクの100倍オタクやと思うで。つまり、ボクが100人おるっちゅうコトや。それでもええんか?」

と、根性曲がった、意味不明な揺さぶりをかけるようにしております。(笑)



以上、皆さん!チェケラ!です。
# by yabushun | 2015-06-22 07:42 | CLOTHING | Comments(12)
最高の人生の描き方
邦題「最高の人生の描き方」または「最高の人生のつくり方」(原題「And So It Goes」)を、WOWOWで2回観ました。

ロブ・ライナー監督、マイケル・ダグラス、ダイアン・キートン共演による、2014年に製作されたアメリカ映画です。

内容は熟年ラブストーリーで、私には、まだ、ちょっと先の話かな?(笑)

隠居生活に突入しつつある不動産セールスマン、これがマイケル・ダグラスの役どころなんですが、彼の、肩の力に抜けた、季節感のある、着回しのセンスが良いんですね。

着てるものは、今のブルックスブラザーズっぽい感じ。
c0214126_4542311.jpg
このカラー・コーディネート、私、大好きです。
c0214126_4543446.jpg
靴はローファーで、ソックスの色はジャケットと同系の色でした。
c0214126_4544455.jpg
ジャケットはコードレーンかな?
ハンチング被ると、俄然スポーティーさが強調されますね。
c0214126_15453058.jpg
ベージュ×紺のリボンベルトをしてます。
靴はライトブラウンのローファーで、ソックスは淡い黄色を合わせてました。



年を取るにつれ、楽さだけを優先し、急に服装がだらしなくなったりするのって、やはり回避したいですね。(笑)

年相応でない、若者が着るようなものを、無理して着る必要もないんですよ。

マイケル・ダグラス見て、そう思いました。
# by yabushun | 2015-06-17 05:53 | CLOTHING | Comments(0)
追悼 オーネット・コールマン

Ornette Coleman「Lonely Woman」1959年

Ornette Coleman – alto saxophone
Don Cherry – cornet
Charlie Haden – bass
Billy Higgins – drums



ブラック・ミュージックとしてジャズを聴いて来た私にとって、マイルス・デイヴィスやコルトレーンより超重要な人物が、オーネット・コールマンでした。

かつて、フィル・ガーランドは「ソウルの秘密」(1973年/音楽之友社/三橋一夫訳)の中で、アースキン・ホーキンズ楽団の「After Hours」は「ニグロ国歌」だった、と表現していました。

この比喩を借りるならば、ジャズ史上の画期となった「Lonely Woman」も、裏「ニグロ国歌」として、有志達に継承されていった、と言えるのではないでしょうか。
# by yabushun | 2015-06-14 20:40 | MUSIC | Comments(0)
TA-7331A バッフル
「22-A ホーンの設置法」という記事の中で登場していただいた Western Electric TA-7331-A バッフル、そのレプリカを遂にゲットしました!

やったぜ!(笑)
c0214126_2155214.jpg
c0214126_22305394.jpg
これに Jensen 13吋フィールドコイル型スピーカーを装着し、高域用に 22-Aホーン+555 をのっけると、なんちゃってですが、1930年代の WE ワイドレンジ・システム「#6 TYPE SYSTEM」に一歩近づけることになります。
c0214126_15404410.jpg
ちなみに、バッフルのみの重量は、約50kg/個。

何故こういうものが必要か理解出来ない、しようとしない周囲の者に対しては、「オレ、老後は音楽喫茶しようと思ってるんだ・・」と、心にも無いコト、適当に言っておきました。(笑)



当面の課題は、どうやってこの上に 22-Aホーンを設置するか、であります。

あと、ネットワークをどうするのか、という難題も。

難題って、何だい?(笑)

はい。WE TA-7257 ネットワークって、なかなか入手出来ないのであります。
c0214126_11134100.jpg
c0214126_112754.jpg
そもそも、7A オートトランスが簡単に手に入らないって、ご存知でしたか?

しかし、これが「肝」なんですよね。
# by yabushun | 2015-06-05 23:38 | AUDIO | Comments(5)
Brooks Brothers 1920年カタログより その3
ゴルフ、ヨット、釣り、ハンティング、ポロ、乗馬等、スポーツ部門アイテムも凄く充実していたのですが、そこから頁をピックアップしてみます。
c0214126_0132450.jpg
c0214126_013378.jpg
共生地のくるみ4つボタン、上3つ掛け(!)の縦縞ブレザーです。

優雅なテニス・ウェアですね。

ちなみに、私が知る限り、ブルックスブラザーズでは、3つボタン上2つ掛けの上衣は存在しません。


c0214126_1656132.jpg
唯一の例外は、この1940年 SCOOL CLOTHES カタログの表紙になります。

尤も、段返りになっている第1ボタンを、無理矢理ハメてる感じが、しないでもないです。

裏表紙のツイード・ジャケットは、中1つ掛けになっていました。

こちらは、アイビー・リーグ・モデル以前の、ユニバーシティー・ルックという言葉が使われた時代ですね。
# by yabushun | 2015-05-31 00:10 | CLOTHING | Comments(0)
Marc Anthony

Marc Anthony「Vivir Mi Vida」2013年



「恋の呪文はスキトキメキトキス」 が何故好きだったかと言えば、どう聴いても、ラテン音楽っぽかったからだと思います。(笑)

では、ラテン音楽って、どんな音楽でしょうか?

まず、サルサを取り上げてみましょう。

これ、数年前のヒット曲ですが、そんなの関係ねぇ。そんなの関係ねぇ。

ちなみに、YouTube の再生回数をチェックしてみて下さい。(笑)

昔は、NY在住のプエルトリカンによる疑似キューバ・サウンドのことをサルサと言いましたが、今はもっと広義な意味で使われていますね。



マーク・アンソニーは、ジェニファー・ロペスの元旦那です。

男前の上に、歌も上手いと来るから、始末に困るヤツです。(笑)

このビデオクリップ、構成も好きだからというのもありますが、マーク・アンソニーの手の動きをコピーしようと、何度も観ました。

一体、何を目指そうしているのでしょうね、私。(苦笑)
# by yabushun | 2015-05-22 14:51 | MUSIC | Comments(0)